開発者:田中孝顕より

科学的アプローチで、なりたい自分になる!

「成功したい」「思いどおりの自分を実現したい」と思いながら、なかなか実現できずにいる人が数多くいます。一方で「何もする気がおきない」という無気力な気持ちで金縛りにあってしまったような人もたくさんいます。

『SSPS-V3プログラム』は、このように願望や目標はあるがなかなかうまく実現できずにいる人、あるいはもっと大きな願望を実現したい人、そして何を目標にして生きたらいいかわからない人など、さまざまな悩みを抱えている人たちのために、20年間の構想と莫大な研究費用を投じて開発された、世界でも類を見ない自己実現/潜在能力開発(脳力開発)プログラムです。

大脳生理学的なレベルで脳力開発を行う

このプログラムのポイントは、従来のさまざまな能力開発(脳力開発)法が心理学的なレベルで行われていたのに対し、「サイコフィードバック・プログラム」を用いて大脳生理学的なレベルで能力開発(脳力開発)を行うという点です。従来は精神論をベースに意志力や努力を求めるものが多かった能力開発(脳力開発)法ですが、ヤル気を継続して出すための「過飽和入力」、また各人の持つ想像力を活性化させる「シネマティクス」という技法を用いることで、現実に起こっていることのように強烈なイメージを持つというアプローチを取り、自己実現を図るものです。
とりわけ特筆すべきことは、『SSPS-V3プログラム』では願望実現/目標達成を図るのにその人が持っている意志の強弱も問題ではなくなるということです。しかし、願望や目標を実現させるにはそれなりのルールがあります。ただむやみに「シネマティクス」したところで無意味です。「シネマティクス」と現実の世界は常につながっていなければなりません。そこで用いるのが「現実化戦略」であり、「細分化技法」なのです。

『SSPS-V3プログラム』は、このようなさまざまな科学的技法やメソッドによって立体的に組み立てられており、一度しかない人生を充実して生きたいと思う方々に、最良の手段を提供することができるものと確信しています。

Profile

田中孝顕(たなか たかあき) 株式会社 エス・エス・アイ 社主
1945年1月生まれ。国学院大学法学部卒。総理府(現・内閣府)事務官(公正取引委員会事務局<現・財務省/公正取引委員会>)、東急不動産(株)企画部、総務部を経て、1973年4月、SSI人材活性研究所を設立。1979年2月、エス・エス・アイ人材活性研究所<商号はその後、エス・エス・アイに変更>を創業。『SSPS-V3プログラム』を開発。『ナポレオン・ヒル・プログラム』その他、各種プログラムを翻訳・開発また、「速聴機」を企画・開発し、ギネスブックから認定書を授与される。著書に『決定版・聴覚刺激で頭の回転が驚くほど速くなる』『SSPS-V3プログラム機械的成功法』など多数。
2005年、同社取締役会長に就任。

  • 開発者より
  • 大脳生理学を活用した能力開発
  • 『SSPS-V3プログラム』の構造とは
  • サイコフィードバックとは
  • アフターフォロー紹介
ページTOP